新・実践コード・ワーク2 〜曲作りのための応用テクニック

Share Button

新・実践コード・ワーク2 〜曲作りのための応用テクニック※旧刊
実践コード・ワークCompleteシリーズへ新改訂

基本的には『実践コード・ワーク アレンジ編』の内容を受け継いだものです。ベーシックなバッキング・アイディアやリズム・セクションのコンビネーション・アレンジ、そしてブラス/ストリングスのオーケストレーションに至るまで、アレンジ全般にわたる幅広い内容で構成しています。本書は『アレンジ編』の単なる改訂版ではなく、一部の内容は新たな考察を交えつつ加筆あるいは訂正を行っています。また内容的には新たに、あらゆるアレンジの基盤を成すだけでなく、曲作りの大きなファクターとなる「メロディとハーモニーの関係」を追加しています。これはひとつのメロディ・ラインを素材として、さまざまなコード進行の可能性を探る、というものです。

とにかく、プレーヤーやアレンジャー志向の方々だけでなく、打ち込みで音楽制作を行っている幅広いクリエーターの方々にも活用して頂けるものを念頭に書き上げました。

リットーミュージック刊
定価2,200円(+消費税)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です