ザ・ベスト・プログラミングス大全

Share Button

ザ・ベスト・プログラミングス大全本書では鍵盤楽器(キーボード)系をはじめ、マレット系、シンセ・リード系、エスニック系などの打ち込みパートのテクニックを取り上げています。とりわけキーボード系は身近なパートですが、鍵盤楽器にあまり精通していない人にとっては、音使いやボイシング、そして実際の打ち込み方などは案外、”手慣れ”だけでやってしまう傾向にあるのではないでしょうか。また、楽器(音色)名は何となく知っているけど、実際どんなフレーズで、また独特のニュアンスはどう打ち込みで再現すればいいのかわからない、といったケースもよくあるでしょう。本書では、これらのパートを表情豊かに打ち込むためのヒントやポイントを細かく取り上げています。

そして、本書にはCD-ROM(Macintosh及びWindowsに対応したハイブリット・タイプ)が付録されております。以前より多くの方々から”実際のデータがほしい”という要望を頂いておりますが、このCD-ROMには本書を含めて旧版のプログラミング・シリーズ(「ザ・ベスト・ドラムス・プログラミングス」、「ザ・シンセ・ベース・プログラミングス」、「ザ・ベスト・ギター・プログラミングス」、「ザ・ホーン&ストリングス・プログラミングス」、「ザ・ベスト・ドラムス・プログラミングス2)の全タイトル分の演奏データ(スタンダードMIDIファイル)が収録されております(新ベスト・プログラミング・シリーズとの対応も一部を除いて可能:ただし紙面データと演奏データとのインデックス対応はとれません)。紙面上のデータ・チャートだけではお伝えきれなかった演奏上のニュアンスもこのCD-ROM中の演奏データからダイレクトにつかんでもらえることでしょう。さらに、各パターンを組み合わせて作成したデモ曲も収められていますので、実際のパターンを活用した曲作りの参考にしていただけるものと思います。

篠田元一 監修
リットーミュージック刊
A5判/80ページ/CD-ROM付き
定価(本体2.800円+税)

Amazon.co.jpで購入

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です