新ザ・シンセ・ベース・プログラミングス

Share Button

新ザ・シンセ・ベース・プログラミングス本書は、ベース・パートの打ち込みについて、さまざまな角度からのアプローチをまとめたものです。ベースの基本的な打ち込み方はもちろん、弦ベースを可能な限りシミュレーションしたものから、シンセ・ベースを使った新しい感覚のものまで、代表的なジャンルに応じたベース・パターンを豊富に盛り込んであります。

ベースはサウンドの低音部を担うパートですが、上に乗るさまざまな楽器の土台となるわけですから、そのアプローチによってギターやキーボードのバッキングはもとより、アレンジ全般にも大きな影響を与えていくのは当然でしょう。それだけにベースの打ち込みは手が抜けません。

なお本書は、「新ザ・ベスト・ドラムス・プログラミングス」と同じDTMハンドブック・シリーズに属しています。したがって、本書の内容も関連付けられて書かれていますので、併読して頂ければリズム・パート全般に関して、より理解を深めてもらえるものと思います。

篠田元一 監修
リットーミュージック刊
B5変形判/160ページ
定価(本体1.800円+税)

Amazon.co.jpで購入

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です