第5回: 笹路正徳 氏

Share Button

ツーショット

ゲストのご紹介

笹路正徳 (ささじ・まさのり)

アップ1955年5月3日群馬県高崎市生まれ。血液型A型、牡牛座。 言うまでもなく日本を代表するプロデューサー、アレンジャー、キーボード奏者。
小学校時代はクラシックを習い、その後、ベンチャーズやビートルズにあこがれギターを始める。しかし高校時代よりキーボードに専念。中学時代はクリーム、ジミー・ヘンドリックス等を好んで聴き、その後セルジオ・メンデス、マイルス・デイビス、ハービー・ハンコック等に傾倒。慶応大学在学中ジャズ研で活躍し、77年には鈴木勲グループに参加。村岡健グループ、ネクスト・ページなどを経て、80年、清水靖晃(サックス奏者)、土方隆行、渡辺モリオ、山木秀夫らと 「マライヤ」 を結成。それに併行して渡部香津美BANDなどにも在籍し活躍する。83年には、土方隆行、坂井紀雄、藤井章司、辻野リュウベンとともに 「ナスカ」を結成。その後はプロデューサーとして多くのアーティストを手掛けるようになる。また、その間も土方隆行、坂井紀雄、青山純らと「SASAJIES(ササジーズ)」(ゲストヴォーカルは奥居香と奥田民生)を結成しアルバム・リリース。自己のソロ・アルバムとしては、これまでに 『ホット・テイスト・ジャム』 、『ヘルター・スケルター』 の2枚をリリースしている。趣味はシュールな絵を見る事。好きな食べ物はカレー。

プロデューサーとして手掛けた代表アーティスト

マリーン、ユニコーン、スピッツ、the brilliant green、プリンセスプリンセス、パフィー、スィートショップ、infix、brats on B、恋愛信号、TimeSlip-Rendezvous、渡辺学、松田聖子……など数知れず。

どんな間柄?

僕が大学2~3年のとき、笹路さんのキーボード演奏に完全に圧倒されていました。当時はキーボード・マガジンが創刊した頃でもあり、笹路さんもよく執筆をしていたときです。そして、幸運にも機会があって笹路さんに直接、ピアノ/キーボードの手ほどきを受けることができました。僕もちょうど仕事をヨチヨチ歩きながら始めた頃で、腰を据えて学べたのは1年にも満たなかったのですが、そのとき教えて頂いたことが、今の自分のとても大きな糧になっているのは言うまでもありません。一時は笹路さんのローディも務めたこともあり、香津美バンドやマライヤでのライブ、そして多くのスタジオ・ワークを直接見ることができ、音楽だけでなく、業界のことや人生観など、とにかく多くのことを吸収させて頂きました。もし笹路さんと巡り会っていなければ、今の自分はまずいないでしょう。ちなみに、笹路さんは昔、メ-ザ-ハウスで講師を務めていたときもあり、僕はその後釜?として受け持たせていただきました。とにかく、篠田のもっとも尊敬する完全なる師匠です。

この雑談のきっかけ

笹路さんとは、過去にキーボード・マガジンで一度「師弟対談」の経験があるのですが、じっくりと顔を見合わせてお話させて頂いたのは、実に20年ぶり!となります。とにかく、笹路さんは昔から超多忙でして、連絡もなかなかつきにくかったのですが、文明の力というべき、Eメールのやりとりが事をスムーズに運んでくれたようです。

雑談場所/日時

場所: ハートミュージック (笹路さんの所属する事務所)
日時: 2000年3月8日 15:00~19:00

ワン・ショット雑談

今回は、2時間近くわたる対談内容をもれなく、そのまま掲載します(だから、かなり長いです)。そのため、会話の内容は、いろいろ飛びまくるし、整然としていませんが(笑)、その分、臨場感のある話になっています。口調もそのままです(笑)。お楽しみください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です