鍵盤王子 ローランド サウンド・スパーク2007

Share Button

2007/2/10:東京 渋谷O-East
東京初お披露目ライブ
写真:菊地英二 / TEXT:篠田元一

Roland サウンドスパーク2007

2007/2/7(水)、ローランド サウンド・スパーク2007 大阪Hatchでの鍵盤王子・初ステージに引き続き、2/10(土)は、東京・渋谷O-Eastにて東京初お披露目のステージとなりました。多くのローランドの新製品が体験できる大きなイベントとあって、ものすごい盛況ぶり。一体何人の方がご来場になったのでしょう~。鍵盤王子のステージも初お披露目とあって、大勢の方々に観ていただきました。本当にありがとう~!

演奏する楽器は大阪と同じく、下手側よりグランド・ピアノ型のデジタル・ピアノRG-3、新製品ホヤホヤのFP-7、 それにFantom X8の3台。基本的に全部アコピ音色で、バックオケなしのピアノ・生アンサンブルであります。このステージでは作曲者がRG-3を担当する以外は、曲によって演奏楽器を変えていくという流れです。

曲作りの思考もさることながら、みんな演奏スタイルも、それにキャラも違うので、これが演奏していてもホントに楽しいんです~。ユニークなバランスが保たれ全然ぶつからないんですねぇ(笑)。鍵盤王子のアンサンブルはまだまだこれからも進化するに違いありません。

ステージのバックの巨大スクリーンには、みんなの手元などが映し出されるので、誰がどんな演奏しているのかわかります。とにかく、曲やアンサンブルのムードはすばらしい照明演出などと相まって大きく拡張され、我々にはまだもったいないほどの豪華絢爛なステージとなりました。鍵盤王子の華々しいデビューを支えてくれたローランドさん、関係スタッフに深く感謝であります! それにカメラマンの菊地英二さん、すばらしい写真、ありがとう!

篠田元一 ステージ 三柴 理 小川文明

三柴くんも、文明くんも、それに僕はほんの少しだけ、曲によって歌ってしまいます(笑)。三柴くんの「鍵盤王子のテーマ」では、会場内のローランドの全スタッフ、それにお客さんまでも巻き込んで、「鍵盤!」「王子!」と曲中で大合唱~?にもなったり…(^ ^;)。それにMC(実は演奏時間より長い?!)も懲りずに延々とやっているものだから(大阪より少しはかみ合ったかなぁ)、時間枠はすでに大きく超えているにも関わらず、放置された感もあり(笑)、たっぷり1時間余りのステージとなりました。いやぁホント、鍵盤王子は楽しいですね~。 盛り上げていただいたお客さんにも大拍手!

セットリスト

  1. マディラの香り(篠田元一&仙道さおり)
  2. 鍵盤王子のテーマ(三柴 理)
  3. Your Waltz(小川文明)
  4. The Show(小川文明)
  5. PIVOT(篠田元一)

三柴 理 ステージ 小川文明 篠田元一

今回のサウンド・スパークでのライブ・パフォーマンスは、まちがいなく、3/2(金):渋谷 公園通りクラシックスでの初ワンマン・ライブへのはずみとなりました。このときにはトリオだけでなく、DUOや各人のソロもあったりで、よりバラエティに富んだ内容を予定しています。ぜひぜひ、このライブにもご来場くださいませ~! メンバー一同、心よりお待ち申し上げます!

3/2(金):「鍵盤王子」1stライブ
渋谷 公園通りクラシックス
Flier→(印刷用pdf)

注)本ページ上のステージ上の写真は、カメラマン菊地英二氏によるものです。ローランドからのご承諾、ご協力をいただき使用させていただきました。写真・記事などを無断で複写・転載することを固くお断りいたします。

スタッフ撮影のスナップ写真も見る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です