源氏物語交響絵巻 ロサンゼルス公演

Share Button

渡航・総合ミーティング

ロサンゼルスの滞在期間は5/8~5/13。公演は1回だけですが、ステージが大規模なだけに仕込みは大変だし、オーケストラとのリハーサルもあり、結構、せわしないスケジュールが組まれています。

爆睡LAに向かう数日前は、いろんな仕事の整理に負われ、前日まで徹夜続き。結局、気がかりな仕事を残してきてしまった…。でも、海外に行ってしまえばしめたモノ……とばかり、空港に向かう成田エクスプレスの中では、すでに爆睡が……(笑)。
LA着ロサンゼルス着。今回のお仕事、JALが後援・協力とあって、飛行機はビジネスクラス。ゆったりできました。日本との時差は-16時間(夏時間)ですが、時差ボケは普段の生活が不規則のせいか、ほとんどありません(笑)。
現地へパサディナまでは、ロスの空港から車で1時間30分程度。古い建物も多く閑静な街並みですが、雰囲気は独特でとても気に入りました。
ホテルの部屋ホテル(ダブルツリー・ホテル)に着くやいなや、まずチェックしたのは、愛用のPB2400でインターネットにアクセスできるかどうか。準備万端の甲斐あって無事接続。これでLA滞在中も、モトミュ-ジック事務所とも、プロジェクト進行中の会社ともメールのやりとりができる……(喜ぶべきか、泣くべきか)。ちなみに、今回の滞在中、アクセスした時間はのべ100分。でもローミングやダイレクトコールなど活用したおかげで全部で4.000円程度で済みました。
打ち合わせ一休み後、ホテルのホール・ルームで今回の公演の総合ミーティングが行われました。冨田先生は奥様とともに前日よりホテルに入られておりました。
小宴会初日の夜は、同行させたアシスタントの谷、ローランドの大和さん、スタッフの方々と、ちょっと怪しいパスタのお店で小宴会。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です