冨田勲先生「イーハトーヴ」いよいよ間近

Share Button
 11/23(金・祝日)の冨田勲先生新作公演「イーハトーヴ」、いよいよ間近にせまってきました。昨日は日本フィルハーモニー交響楽団と初のリハーサルが行われました。オーケストラの指揮の中で初音ミクをどう歌わせるのか、幾度となく打ち合わせや検証会を重ねて、やっとここに辿り着いた感じです。
 実際リハを行って思ったこと。オーケストラと初音ミクの共演が世界初ということもあって、どうしてもそこに話題が集中してしまいがちですが、改めて「イーハトーヴ」は楽曲そのもののすばらしさを体感しました。リハ中もあまりの美しさに涙が出そうになりました。その中でミクをスムーズに歌わせる役目が僕ですから、改めて責任の重さを感じます。
 本番までのリハは限られた時間の中で、かなり急ピッチで行われていきますが、きっとすばらしい仕上がりになることでしょう。

01
 今回の指揮者であります大友直人氏と(後ろに冨田先生もチラっと写ってますね)。言うまでもなく日本を代表する指揮者だし、坂本龍一氏との共演をはじめ、クラシックのジャンルにとどまらず業績を多数重ねている方です。前夜にも顔を合わせていたので、やりとりはとてもスムーズにいきました。リハの合間の雑談でも音楽観のレベルはとても及びもしませんが、感覚的に近い人だなぁと思っていたら、同じで歳だったんですね。今回ご一緒させて頂き、本当に光栄の極みあります。

 tomita1123s公演チケットは発売早々完売ですが、TOWER RECORODOMMUNE SHIBUYA開局記念番組として、15時からは「イーハトーヴ」初演をなんと生中継します。チケットを買いそびれた方は見逃せないでしょう。また21時からは「イーハトーヴ交響曲」の全貌~冨田勲×宮沢賢治×初音ミク 」<出演(敬称略):冨田勲、伊藤博之(クリプトン代表取締役)、篠田元一、四本淑三(ライター) 司会:松山晋也>という番組も予定されています。
 また、当公演のさまざまな打ち合わせやミクの検証会、ちょっとした個別作業なども、ほとんど某局が取材収録しております。来年、冨田先生の特別番組として放映が予定されています。この辺の詳細は、またアナウンスさせていただきます。
 加えて、当公演はライブ録音も行われ、来年1月に日本コロムビアよりリリース予定になっています。昨日聞いた話だと、予約の段階でクラシック部門の2位にすでにランクインとのことでした。個人的にはまだ本番を終えていないので、全然、そっちまで神経がいってませんが(笑)。

 とにかく、あと少し。とにかく最後の最後まで気が抜けませんが、ご期待ください!

<関連リンク>
冨田勲新制作「イーハトーヴ」交響曲世界初演公演(オフィシャルサイト)

冨田勲 新作『イーハトーヴ』制作ドキュメント
※更新が滞っておりますが(事情もありまして…)、他では見られない貴重な場面や舞台の裏側なども今後まとめてアップします~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です