渡辺宙明スペシャルコンサート・リポート

Share Button

3/4「渡辺宙明スペシャルコンサート」大盛況のうち終えました!
渡辺宙明スペシャルコンサートweb

渡辺宙明先生は3/29The Brand-New Concertで音楽監督を務める渡辺俊幸先生のお父様。偶然にも今回、親子先生にお世話になる形になりました。
リハは2日間、アイリスホールで行いましたが、当初ベース担当の小栢伸五が40度の高熱でダウン、そして指揮者もアクシデントで山崎滋氏から当初ピアノ担当の徳永洋明氏に変わるなど、慌ただしい流れに…。しかしながら、渡辺宙明先生は長時間のリハにも関わらず、ずっとマイクを持ち妥協のない鋭いご指示を飛ばしてきます。とても91歳とは思えないバイタリティに圧倒されました!この波動は演奏家全員に伝わり、意気込みも急加速度的に高まっていきました。
急遽、担当することになった徳永氏の指揮もパッションが効いてて盛り上がります〜。今回のコンサートの成功は彼に負うところも大きいですね。徳永氏がプレイする予定のピアノパートは、自分が担当するシンセパートの合間にできる限り埋めさせてもらいました。
今回出演者も豪華です。エリック・ミヤシロ(Tp)さん、中川英二郎(Tb)さんをはじめとするブラス・セクションは超強力だし、リズム隊もすごいメンバーが揃ってステージに乗っています。ドラムはNext PIVOTで一緒の山本真央樹、パーカッションには娘とユニットを組んでいるハロミーヤの林瑞穂と大家一将、そして3/29The Brand-New Concertでも一緒に演奏する岩城直也くんとツインキーボード、ギターは山崎淳&外園一馬の両氏という凄腕メンツの顔ぶれでありました。他にも知り合い若手メンバーが多かったということもあって、ステージは緊張感が高い中にも親交ムード。当然、本番のステージはモチベーションの高い良い空気が流れていました。曲はゴレンジャー、マジンガーzなど昭和を生きてきた人たちには馴染み深い曲をロック&ジャズのビックバンドでパワフルに演奏するわけですから、こりゃたまりませんね!演奏していても実に楽しかったです。
アンコールでは渡辺宙明先生がステージにあがり、満席の客席に向かって指揮をして大合唱。圧巻でした。改めて宙明先生の作品が多くの人に愛され続けているんだな、と実感できた素晴らしいコンサートでした。まさに真の尊敬できる作曲家です。演奏できて幸せです。また再演できるといいな!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です