服部克久先生の想い出

Share Button


すでにご存知の方も多いと思いますが、日本を代表する音楽家であります服部克久先生がお亡くなりになりました。

服部先生との最初の出会いは、僕がまだ大学生で小柳ルミ子さんのバックバンドでキーボードを担当しているときでした(約41年前にもなります)。ルミ子さんの大きなコンサートとなれば服部先生がよく音楽監督を務めていて、たくさんのご指導を頂き、打ち上げの席などでもよくご一緒させて頂きました。
とにかく服部先生の音楽は当時からヨーロピアンな上品さが漂っていて、当時僕は服部先生のスコアを目からウロコが落ちるように見ながらストリングスのアレンジなどを勉強させて頂きました。

その後、しばらくお会いできる機会は少なくなりましたが、2017年3月のデジタル楽器とオーケストラの競演となる「The Brand-New コンサート」(オーチャード・ホール)で幸いにもご一緒させて頂きました。そのとき、自分がかけだし時期のことも覚えてくれていて、自分のことながら記憶に薄い思い出話などもして頂き、とても嬉しい気持ちにかられました。服部先生の推薦で日本作編曲家協会(JCAA)に入会したのもこのコンサートがきっかけとなりました。
参考:<The Brand-New Concert 2017 Facebook page>
https://www.facebook.com/TheBrandNewConcert/

一昨年では、僕の「篠田元一還暦会&モトミュージック創立30周年」にご列席を頂き、最近までJCAAの会合では毎回顔を拝見しておりましたが、いつも変わらぬ笑顔とやさしさがまだ昨日のことのように記憶に刻印されています…

服部先生、心から尊敬と感謝を申し上げ、謹んでご冥福をお祈り申し上げます

ローランド創業者の梯郁太郎氏がテクニカルグラミー賞を受賞したときの会。2013年6月12日。
同席しております、梯氏、冨田勲先生、前田憲男先生もお亡くなりになっていることを思うと、改めて寂しさがこみ上げてきます。

 

2015年12月 ThinkMIDI 2015で久々にお会いしたときのスナップです。

 

2017年3月 ご自宅にて、「The Brand-New Concert」の打ち合わせ

 

 

2017年3月29日「The Brand-New Concert」本番ステージ
オーチャード・ホール

 

 

2017年3月29日 「The Brand-New Concert」本番ステージ
オーチャード・ホール
メイン出演者。左より(敬称略)、加羽沢美濃(司会アシスタント)、渡辺俊幸(総監督)、千住明、服部克久、川井憲次、梯郁夫、小生(音楽プロデューサー)

 

 

2017年3月29日「The Brand-New Concert」打ち上げ
オーチャード・ホール
それにしても、すごい顔ぶれが揃いました。

 

 

2017年3月29日「The Brand-New Concert」
オーチャード・ホール
娘夫婦(篠田浩美、井藤淳)とともに記念写真

 

 

2017年12月13日  日本作編曲家協会(JCAA)忘年会
左より、小生、服部先生、渡辺俊幸先生、岩城直也くん

 

 

2019年2月2日 「篠田元一 還暦会およびモトミュージック創立30周年会」
中央正面は作曲家の渡辺俊幸氏、左方向に向かって昔お世話になりましたリットーミュージック創業他の佐々木隆一氏、佐々木順子さま、作曲家の千住明氏、作曲家の服部克久氏、参議院議員-第32代参議院議長の山東昭子氏、指揮者の藤岡幸夫氏。

 

 

2019年6月20日  日本作編曲家協会(JCAA)総会後の打ち上げ。
約1年前のスナップで服部先生との最後の写真になりました…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です