源氏物語交響絵巻 ロサンゼルス公演

Share Button

ゲネプロ~本番

5/11晴れ: 今日はいよいよ本番日です。13~15時が映像・音響など機材テスト、15~18:30がゲネププロ、19:30からが本番ステージとなります。昨日のリハーサルの感触が良かったせいか、冨田先生をはじめ、演奏者みんなはとてもリラックスしたムード。3.000人収容のホールはほ満員です。気分も徐々に高まってきました。

コンサートは2部構成で、まず第1部は冨田先生一人による4ch立体音響コンサート「Future Space Fantasy」。先生のシンセ作品であるホルスト「惑星」やストラビンスキー「火の鳥」などを現代的かつ立体的にリメイクした作品が披露されました。背景の映像は向井千秋さんがスペースシャトルから撮影したものを流すなど、なかなかドラマチックな演出です。

そして第2部は源氏物語交響絵巻コンサート。自分も、和楽器も、オーケストラもリハーサルよりもグッとダイナミックな演奏になっているようで、とてもいい感じでした。冨田先生の指揮もノッてました。演奏だけでなく、映像と音楽のリンク、立体音響などの効果など、どれをとっても大成功と言ってもいいでしょう。演奏を終えればスタンディング・オベーション!。アンコール曲は先生が手がけたNHK大河ドラマ「新平家物語」のテーマです。これも昔からの冨田ファンにはうれしい演出だったことと思います。

ラルフ・メイス氏ゲネプロでは、音楽監督のラルフ・メイス氏もかなり細かい指示を出してきました。ラルフ氏は先生のRCAレーベル時代の関係者であり、以前はロイヤルバレーの常任指揮者も務めていました。
カリフォルニアスタイルいつもながらアロハを着ていると(笑)、オーケストラのメンバーから“カルフォルニア・スタイル~!”と、なかなか好評?をいただき、いい気になっておりました(笑)。
ゲネプロ先生は、シンセとオーケストラとのバランスをとても重要に考えています。僕もこの点をとても意識して慎重に演奏しました。
雑談休憩時では、先生とよく雑談をしますが、これがまたおもしろいんですよ!
激励本番前に、先生の楽屋にロ-ランドUSの社長や上層部の方々が激励に訪れました。
ステージ衣装ステージ衣装(笑)。日本公演のとき購入したマオカラーです。
楽屋楽屋です。ちょっと狭いけど、居心地はなかなかです。
本番直前本番直前、ステージ袖での記念撮影。リラックスしながらも、やはり適度な緊張がはしります。
関係者受付会場の関係者受付、英字の「GENJI」がユニークです。もちろん、大スポンサーはパイオニアです。
ゲネプロ本番ステージは撮影禁止なので、ゲネプロ模様で勘弁してください。
会場
搬出演奏も無事成功し、スタッフは搬出作業に速やかに入りました。みなさん、おつかれさまでした。
ツーショットコンサート終了後、ホール内の広間で打ち上げが行われました。おなじみの上原まりさんとのショットです。そうそう、打ち上げには、マンハッタントランスファーのメンバーもいました。
打ち上げ2ホテルに戻ったら、今度は演奏者とスタッフで打ち上げ。みんなでコンサートの成功を祝いました。めでたしめでたし。さぁ、今度はロンドンに乗り込みます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です