源氏物語交響絵巻 ロンドン公演

Share Button

渡航・ミーティング

6/18 晴れ:ついにロンドンにやってきました! 日本、ロサンゼルスと公演してきましたが、冨田先生も、ロンドン・フィルハーモニー楽団と共演する本公演をもっとも重視しているのは言うまでもありません。とりあえず今回の企画としての源氏物語コンサートは、ここロンドンでファイナルを迎えます。

ロンドンははじめてなのですが、思ったよりも住み心地が良さそうなところです(実はあまり期待してなかったもので…)。ロンドンの人はみんな友好的です。また、ロンドンと言うと、どんより曇り空や小雨続きのイメージがありますがが、滞在中はずっと晴天続き。時期的にも一番良かったみたいです。もうほとんどグアムにいるみたいに暖かい。ここはロンドン?っと疑ってしまうほどです。

例によって、ロンドンは仕事だけでなく、観光もしっかり楽しんでまいりました。では、じっくりご覧くださいませ。

ホテルホテル(ワシントン・ホテル)の部屋からの外観です。
古いものは良いもの「古いものは良いもの」として扱われるロンドン。歴史を感じさせる建物がたくさん並んでいます。
コンビニ風ホテル前のコンビニ風のお店。ここは滞在中よくお世話になりました。でも、ロンドンはとても物価が高いです。あっという間にお金がなくなってしまう~。
ちなみに、今回も海外モバイル成功。いろいろトラぶりましたけど……。
松武さんありゃ~。ホテルも着くやいなや、ロビーに松武秀樹さんがいるよっ! 実は、待ち合わせの約束をしておりました(笑)。松武さんは、演奏参加するあけではありません。プロサウンドの別冊書籍を立ち上げる企画があり、その書籍のレポーター兼カメラマンとして同行することになったのです。まぁとにかく、松武さんって何でもやりますね(笑)。
松武さん松武さんとは飛行機もホテルも違っていたのですが、滞在中の行動はいつも一緒です。
電通ロンドン電通ロンドンで初日のスタッフ・ミーティング。冨田先生も参加しております。ちなみに、この明るさで夜の9時頃です。
オレの庭松武さんはYMO参加時代やいろんなレコーディングで何度もロンドンに来ているので、“ロンドンはオレの庭だ~”という程、市内に精通しています。頼もしい~。
中華最初の夜は、ピカデリー・サーカスの中華料理屋さんで、軽く前祝い(こればっか-笑)。
前祝い音響の大木さん&アシスタントの今井くん、ロ-ランドの大和さん&ローランドUKの方、松武さん、今回も同行させたアシスタントの谷という顔ぶれです。
短い夜夜の11時近くになって、やっと夜らしき暗さになってきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です